勉強しておくと良い|上手く活用すれば食事が楽になる|クリニコから美味しい食事が届く

上手く活用すれば食事が楽になる|クリニコから美味しい食事が届く

女性

勉強しておくと良い

男女

おすすめの食べ物

痛風はその名の通り、風が吹いても痛みを感じてしまうほど、とても辛い病気です。ひどい人になると、足先が腫れ上がってしまい、一人で歩くこともままならないといった状態になるのです。ただ、痛風は正しい知識を持っていれば防げたり、症状を緩和できたりします。そのためにはどのような食事をするのかが大切で、痛風に良いとされるものを覚えておくことをおすすめです。痛風になっている場合、アルカリ度の高い食事が良く、特に海藻や野菜を中心にしたものを積極的に食べたいです。ビタミンCを摂ると、尿酸を肝臓に運んでくれて、排泄しやすくなるため、痛風患者の食事には、デザートとしてキウイフルーツやイチゴを出すようにおきましょう。

避けたいものと摂り方

食事に取り入れると良いものと同時に、できれば食べるのはやめておきたいものも少なくはないです。例えば脂質が多い食事は避けたいところで、揚げ物はやめて、昔ながらの日本食に替えるようにしておくと、かなり抑えることが可能です。塩分も減らすのが理想的ですが、味気なくなるのでストレスが溜まってしまい、どこかで暴飲暴食になるのが一番危険なため、減塩はほどほどにするのが無難でしょう。出汁を効かせた食事にすれば、塩味がなくてもそれほど気になりません。食事の摂り方にも工夫をしておくと良く、早食いの人は満腹になるのが遅く、結果的に量が増えます。逆にゆっくりとたくさん噛んでおくと、いつもより少ない食事でも満足感が得られて、痛風の症状の緩和に繋がるのです。