上手く活用すれば食事が楽になる|クリニコから美味しい食事が届く

介護

糖尿病の食事のサービス

和食

糖尿病とは、高血糖が続く病気です。治療の基本は食事療法です。カロリー制限や栄養素のバランスのとれた食事を摂る必要があります。自身で調理できない場合には、宅配サービスを利用して、糖尿病食を準備することができます。食事に関しては、医師や栄養士などと相談すると良いです。

もっと詳しく

メタボを改善するには

老人

血圧を下げる食事といっても、それを実際に実行するのは大変です。ただし慣れれば普通の食事作りと変わらないペースで作ることもできます。また血圧を下げるには、食事の栄養素も重要な要素になります。そのため必要なら、サプリメントで栄養素を補ったりするのもいいはずです。

もっと詳しく

勉強しておくと良い

男女

痛風になったのなら、正しい知識を持っておくことで、症状を緩和したり、改善できたりします。特に食事は大切で、海藻や野菜を中心に食べると良いですし、キウイやイチゴを取り入れましょう。逆に脂質や塩分を避けるのが無難で、さらによく噛んで食べると良いです。

もっと詳しく

病状に応じた食事を用意

食事

流動食も取り扱っています

クリニコは、食事制限や嚥下が不自由な人のためのレトルト食品を取り扱っています。高齢になると、硬い食べ物が飲み込みにくくなります。しかし、歳を取ると、自身で適切な料理を作れなくなる人が増加します。また、介護者にとっても、毎度の食事を柔らかく煮込む作業は、大変な時間と労力を要します。そこで、クリニコでは、嚥下しやすい柔らかさのレトルトパウチ食品を通信販売を展開しています。それによって、バランスが取れた食生活を送れるとともに、食事作りの負担を大幅に軽減できます。クリニコについては、流動食も取り揃えていることを覚えておきましょう。流動食を販売している小売店は限られていますが、インターネットショップなら、必要な時にいつでも購入できます。

患者の状況に応じた商品を

クリニコの商品を購入するにあたって気を付けるべき点は、患者の病状に応じたアイテムを選ぶことです。クリニコでは、嚥下が不自由な人にも食事を楽しめるように、バラエティ豊かなメニューを取り揃えています。しかし、腎臓病や糖尿病の持病があるなら、タンパク質や塩分を控えた食事を摂る必要があります。食事で補えない栄養成分がある場合は、病態ケアシリーズが有用です。また、流動食を選ぶ際は、利用者の運動量を十分に考慮します。寝たきりの状態が多いなら、水分やカロリーが低い商品で十分です。一方、身体のまひや多動障害があるケースは、発汗量や消費エネルギーが高い傾向になります。よって、水分を多く含んでいながら、栄養価が高いタイプの流動食が適しています。